病院と治療院の違い

今回は病院と治療院の違いを述べたいと思います。

 

法律的に言えば病院で行われている施術は医療行為と呼ばれ、医師はすべての医療行為を行うことができます。一方で治療院の施術は医療類似行為と呼ばれ、医師法・薬事法に違反しない限定的な施術に限られます。また診断権が医師にはありますが、治療院の先生にはありません(柔道整復に関しては業務上取り扱いのものに限って診断権がある)。

 

これだけ聞くと身体にトラブルがあれば全て病院で診てもらえばいいんじゃないかと思われるかもしれません。しかし病院と治療院では得意としている分野が違っていると私は思っています。

 

例えば腰が痛くなって病院に行った場合にレントゲンなどを撮って異常がない、もしくは手術の必要がない場合は腰痛体操の指導や湿布をもらい、基本的に後は自然に治るのを待つことになります。しかし治療院では手技・はり・電気療法などの施術によって症状の早期改善を図ります。つまり病院は手術や薬などが必要なトラブルの改善を得意としており、治療院は手術が必要でないトラブルの改善を得意としていると言えます。

 

また病院では診断にレントゲンやMRIなどを使い画像所見的に異常があるかないかなどでトラブルを診断します。一方、治療院では身体のゆがみや筋緊張のアンバランスからくる身体の不調などレントゲンなどに写らないものもトラブルの原因として捉えます。

 

病院の優れているところ、治療院の優れているところがあると思うので、ご自身の身体にトラブルがあったときこの記事が参考になれば幸いです。最後までご覧になっていただきありがとうございました。

接骨院と整骨院と整体院は同じ?

私の治療院でよく接骨院と整骨院と整体院は一緒なのという質問を受けるのでご説明します。

 

結論から言うと、接骨院と整骨院は同じで整体院は別のものになります。接骨院と整体院の治療の違いは以前ご説明した通りです。

 

接骨院と整骨院は同じものなのですが正式名称では接骨院が正しいです。法規的に見ると医科(病院)と紛らわしい名称は避けることとされているので、整骨院という名称は好ましくないということです。

しかし慣例上、整骨院という名称も認められているみたいです。

 

ちなみに接骨院という名称を使うのか、整骨院という名称を使うのかは各都道府県で分かれているみたいです。例えば岡山では整骨院、香川では接骨院、広島では接骨院といった屋号を掲げています。

 

そういえば私、岡山で開業しているのに屋号は接骨院を使っている。混乱の原因は私ですね。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

治療院で必要な国家資格とは?

治療院で患者さんに施術する際に必要な国家資格(免許)をみなさんご存じでしょうか?

当然病院なら医師免許が必要ですが、治療院にも免許が必要なものがあるんです。

 

鍼灸院なら はり師・きゅう師

マッサージなら あんま・マッサージ・指圧師

接骨院なら 柔道整復師

という国家資格が必要になります。

 

これらはまず厚労省によって認可された養成校を卒業して受験資格を得る必要があります。その後、国家試験に合格することで資格を取得することができます。開業するには保健所に届けをしなければなりません。一方、整体などは資格を必要としないのでいつでも自由に開業することができます。

 

国家資格を取得すると、それに関連する法規に則って業務をしていく必要があるのでいろいろと法的な規制がかかります。これは人の身体に触れ、施術していく者の当然の責任と義務といえるでしょう。

 

私も有国家資格者の一人として責任を持ち日々精進して業務に取り組んでいきたいと思います。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

身体のトラブルがおこったらどこに行けばいいの?

以前各種療法の違いについて説明しました。それでも、自分に合った治療院がどこなのか判らないと思うのでもう少し補足説明をします。

 

各種療法で治療法が違い、メリット・デメリットが存在するのは理解していただけたと思います。しかし治療院の先生方はいろいろ勉強されており様々な治療技術を習得し、さらに新しい技術の習得を目指しているはずなので基本的にはどこにいかれても大丈夫なはずです。

 

ただし、説明をしっかりとしてくれる治療院を選んでください。そしてその説明が理解できて納得できたらそこで施術を受けてください。もし疑問や不安があればその時点で施術は拒否しても良いんです。

(初診料や問診料は取られると思いますが)

 

治療院に行くというのは少しハードルが高いかもしれませんが、身体の不調があれば気楽に相談してもらえればと思います。

 

結論としてはまず治療院にいってください。そこで説明を聞いてください。本来悩むのはそこからなんです。(そこで治療してもらうのかやめるのか)

 

今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

各種療法の違い その2

今回は前回(各種療法の違い その1)に引き続き各種療法のメリット・デメリットについて説明します。

 

鍼灸

メリット:東洋医学の根本はバランス治療です。身体の状態を五つのバランスに分けて考えそのバランスの均衡を保つ治療をしていきます。西洋医学とは全く異なるアプローチなので西洋医学的なアプローチでは効果の出ないものにも劇的な治療効果が出る場合があります。

デメリット:比較的治療効果がまちまちになりやすい面があります。

 

あんま・マッサージ・指圧

メリット:心地よい刺激の手技になるのでリラックスした状態で施術を受けることができ精神的な癒しの効果があります。

デメリット:痛みの強いトラブルや慢性化したトラブルに対しては治療効果が低い。

 

接骨院(柔道整復)

メリット:急性のケガの治療を得意としています。また物療機器(治療に使う機械)の扱いに長けており西洋医学的なアプローチを得意としているので身体のトラブルを早期に改善することができます。

デメリット:基本的に急性の症状に対する施術がメインになるので慢性化した症状に対しては、柔道整復術以外の療法も組合さなければなりません。

 

整体

メリット:多種多様な手技があり、施術内容が症状に適していれば優れた治療結果が見込まれる。

デメリット:多様な施術法がある反面、医学的根拠に乏しいものも含まれるので治療効果を過度に期待できない。

 

以上、私なりに各種療法の特徴をまとめてみましたが参考になったでしょうか?

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

各種療法の違い その1

みなさんは身体のトラブルが発生してどこかの治療院で診てもらいたいと思ったときに
そこでどのような治療をしているか知っていますか?

 

治療院には鍼灸院、接骨院、マッサージ、整体院など様々な種類があって治療法も様々なので最初に代表的な各種療法の違いを簡潔に説明します。

 

 

鍼灸:東洋医学の経穴(ツボのこと)に鍼や灸をすることで生体機能のバランスを整え自然治癒力を高めていく。

 

あんま・指圧・マッサージ:身体をもみ、さすり、圧することで筋肉をほぐしていく。

またリンパや静脈の還流を促して血流を改善する。

 

接骨院(柔道整復術):柔道の活法をベースに西洋医学の観点から骨折・脱臼・捻挫・挫傷(肉離れなど)といったケガなどを専門に診る。手技と物療機器(治療器)により施術する。

 

整体:日本古来の手技をベースにして主に骨格のゆがみをととのえて症状を改善していく。

 

各種療法でどんなことをするのかは何となく理解していただけたと思います。次回は各種療法のメリット、デメリットについて説明します。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。